忍者ブログ

WRITE | ADMIN

プロフィール
HN:
ゆっぴー
性別:
男性
自己紹介:
PSO2は
ship8でプレイしております。
コンゴトモヨロシク
最新記事
最新コメント
(07/25)
(11/15)
無題(返信済)
(11/15)
ベンチャーズ(返信済)
(11/12)
無題(返信済)
(11/10)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今回はコンボではなく立ち回りにおいての小ネタ等を。

遠距離でなんとなく使う置き技(LK・8,9RK・生ローorしゃがパン)

LKはヒットで7フレームも有利となる為に胃ブロと似たような使い方ができる。
派生もあり、ガードされても距離が離れていることが多いので防御用胃ブロといったかんじ。

8.9RK(フライングヒール)は・・・当たったらいいなー程度。長い下段を持つ相手に遠間で見せておくと抑制できる。遠い所で牽制として出す場合はスカった時のことを考えて垂直ジャンプで出そう。
当たれば半分近く、壁までいけばヘタすれば即死コンボまで持っていけるので適度に使うと効果的。
発生が遅いし、変なしゃがみステータス技に潜られるが、確反が無いのも強み。スカ確狙ってるような相手にはあんまりスカさないようにね。

生ロ&しゃがパンーは、三島家全般に嫌がらせ的に使っていく。相手の残り体力が少ない時なんかに遠間で連打すると効果的。捌かれないように注意。


中距離で振る技(3RPLP・RKLK・1LK・LPRK・4LP・66RK)

3RPLPは新技のブラックアウトコンビネーション。連続ヒットで中、上の2段技だが2発目をしゃがまれることがない。
ガードで-4、ヒットで+2フレームと、当ててもガードされても読み合いが発生するという技。
ヒット、ガード問わず、1LKに連携させるとなかなかにいやらしいが、多用して捌きやライトゥーを喰らわないように。横に弱いが、2発目がたまに相手の右移動をとらえることも。

RKLK。RK1発止めでもいいが、しゃがむ相手には2発目を当てておくと次から行動を抑制できる。
基本はカウンター狙いで、当たった場合RK1発からはマッハパンチ、RKLKからは2LKRPや、1RP、2WKRPなどが繋がる。サザンクロスの2、3段目とモーションは同じだがこちらはガードされても-7なので確反無し。
ブラックアウト同様2発目が相手の右移動をとらえることもある。スカさなければガンガン使っていってもいい技だ。

1LK(スイーパーキック)は、しゃがみステータスのついた両横に強い下段蹴りだ。
ガードされると-12だが、先端ならトゥースマも届かないのでかなり信頼できる。
ただし、ヒットしても-1なのでその後にあまりハデな動きをしてカウンターをもらわないように注意すること。
硬直が長いので置き技として使うなら生ローの方が安全だ。

LPRKは、サザンクロスコンビネーション。上段だが、ジャブ始動なのでツブされることは滅多に無い。
3段目まで出せばしゃがんでいる相手や、動いた相手にも当たる。問題は3段目はガードされると-10なのでワンツーをもらうということだ。フレームの勉強をしてない相手にはRKLKと混ぜて使うことによって確反が無いと思わせることができるだろう。そうなれば出し放題!2発止めだとヒットで4フレーム有利となるので、発生13フレームである3LPRP等に連携させるのもよい。横移動でスカしてくる相手には注意。1LKに連携させるのもアリだ。
基本的にワンツーの代わりに使っていくカンジだが、ワンツーより硬直が長いので注意。確反用として割り切るのもアリだろう。

4LP(チョッピングエルボー)は、ブライアンの主力技。ガードさせて3フレーム有利となるので、3LPRPに連携させると最低でも相打ちに持ち込むことができる。ただし横移動で乙るので注意。相手によっては逆2択状態になってしまうので使いどころを見極めるべし。ガード後に暴れず、そのままガードを固める、横移動をする相手にはドンドン使っていこう。ガードを固める相手にはローキックや、挑発などで崩しに行く。横移動する相手には1RK、3RK、3LP~を使っていこう。66RKという手もあるが、しゃがまれると乙なのであまりオススメできない。

66RK(マッハキック)は、横に強く、若干軸をずらしながら蹴るので相手の直線的な攻撃をスカしつつ叩きこむことができる上段の蹴りだ。ガードされると距離によってはしゃがみパンチを確反でもらうが、その程度なので問題は無い。しゃがまれなければ優秀な技なので中距離で横移動多い相手にはたまにぶっぱなしてみよう。
ヒットすれば相手はふっとんで行くが、受身不可能のダウンとなり、追撃でダッシュからのローキックが確定する。起き上がろうとする相手には、1RPなどで拾い直して空中コンボに持っていくこともできる。


近距離で出す技(3LP~・3RK・LPRP~・挑発)

基本的にブライアンは2択キャラでは無いので近距離での戦いは、投げの見える人であればボッ立ち安定である。が、挑発からのコンボが存在する為にあまり固まってもいられないといったところだろうか。
ある程度ブライアン慣れした人であれば、何かしらの攻撃をガードした後は横移動をしようとする。
ので、ローリスクローリターンで横に強い3LP派生や、3RK等を出して行く形となる。
ヒットすれば攻め継続、ガードされれば微不利で仕切りなおしという形になるので使い安い。
3LP派生はさりげに1発止め以外は10F確反があるが、ディレイが大幅にきく、5段構成である、これらの要素から、なかなか反撃は受けにくい。実質確反無しと言ってもよい程の性能である。近距離はこれで固めて、動かなくなった相手に投げや、ローキックなどで嫌がらせしよう。喰らい続けるとトラウマになる技らしい。


と、まぁ今日はこのへんで。
次回は挑発について何かネタを書いてみますかね・・・ ノシ


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ ものっそいほにゃらら ] All Rights Reserved.
http://at30000.blog.shinobi.jp/